あったか長持ち、ずーっと続く 北方型住宅

あったか 長持ち ともに育む 北の住まい

次世代に継承される
良質な資産となる住宅

北海道の住宅は開拓とともにその歴史がはじまり、厳寒で積雪の多い冬期の気候条件に適応するため、住宅の防寒や断熱性能の向上を目指して研究開発がすすめられてきました。

弊社では、お客様のニーズに応じ北海道建設部建築指導課で推進してい「北方型住宅」システムを導入しております。

風土に適し た住宅を目指し、耐久性や省エネルギーなど様々な角度から研究し、北海道にふさわしい 住まいの提案を進めております。

確かな品質が多くのお客様に
選ばれています
「北方型住宅」ならではの
4つのメリット

長寿命

住まいが暮らしを長持ちさせ、暮らしの中で住まい手が住まいを育む。ライフスタイルの変化にも対応し、次の世代へ引き継がれる高い耐久性と耐用性を持ち、住まい手による維持管理の容易な、長寿命の住宅を目指します。

高い耐久性
北海道の地域性を考慮した、耐久性の高い住宅を目指す。
高い耐用性
生活様式や世帯構成の変化に対応する間取りの可変性を有した、耐用性の高い住宅を目指す。
維持管理の容易さ
住まい手自身が維持管理を容易に行うことができ、計画的・効率的な修繕も可能となる住宅を目指す。

安心・健康

住み慣れた環境で、安心して健康に暮らし続けることのできる、心身ともにあたたかくなる住まい。高齢化による体の衰えを支え、シックハウスなどの不安のない、住まい手全てにとって安心で健康な住宅を目指す。

高齢社会への対応
高齢者をはじめとした住まい手全てが、安心して生活できる住宅を目指す。
健康で快適な橘内空間
全ての居室が暖かく、ホルムアルデヒドの放出が抑えられた、健康で快適な室内空間を有する住宅を目指す。

環境との共生

四季の美しい豊かな環境を持つ北の暮らしを楽しむ住まい、厳しい冬にも心身ともにゆとりある暮らしを支える住まい。少ないエネルギーで暖かい住宅、さたには環境への負荷の低減や積雪対策、美しいまちなみなど、暮らしを取り巻く環境と調和した住宅を目指す。

省エネルギー
少ない暖房エネルギーで暖かな住宅を目指す。
環境負荷の低減
環境への不可の小さい住宅を目指す。
敷地内の雪処理
積雪の地域性などを考慮し、雪処理のための労力やエネルギーの少ない住宅を目指す。
美しい街並みの形成
美しい街並みの形成に貢献する住宅を目指す。

地域らしさ

日々の暮らしを通じて地域らしさを育む住まい。地場の材料や気候・風土を積極的に活用し、暮らしの中で地域らしさを醸成する住宅を目指す。

地域の資源の活用
地場にある材料や地域の気候・風土などを積極的に活かした住宅を目指す。

地域資源を活かした家づくり

※『新しい北方型住宅の作り方』(財団法人 北海道建築指導センター公式HP)より抜粋

ご相談・見学予約